読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TN@CB1100~CB1100と旅するブログ 

夫婦&かえるのピクルスと行くバイク旅、感じたことをつれづれなるままに書いていきます

思い出話⑬ 2011/2/4 今までで一番痛かった話 (´Д`;A)

思い出話

 

皆さんこんにちは^-^

 

不定期連載、思い出話の13回目ですよ(=°ω°)ノ

 

タイトルからして何やら不穏な空気が漂いますが(°∀°;)

 

 

前回の南伊豆ツーリングを成功させ、今度は南房総を目指すことに

 

大山千枚田を見学して、おせんころがしを見てみたいな~(°∀°)

 

 

そんな簡単な気分で

f:id:TNSC65:20151204002936j:plain

東京湾フェリーで金谷まで

 

 

金谷上陸後、何を思ったかなり細かい道を@@;

携帯ナビを頼りに進んでいたようですが

今となっては記憶が定かではないです。

 

車がすれ違うのもやっとの舗装林道を延々走り

 

 

 

 何とか大山千枚田の近くまできました

f:id:TNSC65:20151204003223j:plain

実は迷走してふらふらしてます@@;

 

 

 のどかな風景

f:id:TNSC65:20151204003346j:plain

棚田の様に見えますが

大山千枚田ではないのです^-^;

 

 

 

 

じゃあ次は奥(写真の奥)へ

f:id:TNSC65:20151204003514j:plain

ところがこの先は・・・

 

 

ここから左に曲がるとコンクリートの舗装が途切れ

未舗装の農道に

本来なら大きいバイクで来るようなところではないのですが。

 

気を付けて慎重に進みますが、

どうにもならないこともあるものです。

 

前輪が何かに乗ったと思う刹那

車体は急に右に傾き、足で支える間もなく・・・

 

転びました

 

右足首に痛みが走りましたが気にする間もなく

直ぐにCBを起こしにかかりますが・・・

さすがに240キロ越えだけあってなかなか起こせません。

 

2度3度トライして何とか起こせました。

 

エンジンガード、スライダーの類は未装着なので

エンジンの腰下には傷がついてしまいました。

 

更に道を見るとタイヤ痕。

土でぬれた部分に前輪が乗った跡がありました。

なるほどこいつの仕業でしたか。

 

正直CBでの初転倒ということもあり

かなり動転していました。

 

CBは何とか起こせたのですが、

バイクは斜面のギリギリに立っています。

 

普通バイクに乗るときは左から乗るものですが

どう見ても左から乗り込める状態ではありませんでした。

 

ところが私はそのまま無理やり左から乗り込もうとし、

斜面が崩れ出し

今度はCBは左側に傾きはじめます

 

 

 

そう、終わりました

 

 

哀れCBは斜面の下へ真っ逆さま

人一人の力ではどうにも成る訳も有りません。

 

しかも私の携帯電話は圏外

 

恥も外聞もなく隣家に駆け込み

事情を説明して電話を借り

JAFを呼ぶことにしたのでした。

 

 

徐々に右足首の痛みが気になりますが

ガマンガマン

 

 

 

 

待つこと2時間・・・

 

ようやくJAFが到着し

何とかクレーンでの引き上げに成功。

 

感謝しても感謝しきれません。

 

 

何とかエンジンはかかったので安全な場所へ移動。

左後ろウィンカーが折れていたので

ビニルテープで簡易補修(JAFの人に借りました)

 

 

右足首の痛みが増しているので
さすがにこれ以上のツーリング続行は困難。

 

JAFの人に大きい道への出方を確認して帰ることにしました。

 

 

帰り道の途中・・・

大山千枚田への看板が

 

県道34号から、普通に入れるではないですか、タハー(ノ∀`)

 

 

 

帰りはアクアライン経由で 

f:id:TNSC65:20151204003723j:plain

夕日に写るシールドマシンのオブジェ

 

 

右足首の痛みがさらに増していています

※本来なら即病院行きだったかも

 

 

 

 

自分よりもCBの方が心配だったのか

そのままバイク屋さんに直行、CBは入院となりました。

 

後日聞きましたが、左後方ウィンカー破損、右ステップ折れ

メーターステー破損、ハンドル曲り等々・・・@@;;

 

幾ら修理代にかかったのやら(ノ∀`)

 

 

 

このあと市民病院の救急に駆け込んだのですが

このとき歩くのもままならないほど。

 

 

 

診断は、右足首捻挫でした

生まれて初めての松葉杖生活(涙)

 

 

 

これまでの顛末を職場の上司に報告すると・・・

偏見交じりの白い目で見られました。

勤務シフトに2週間も穴をあけたのだから当然と言えば当然。

 

ぴの子も大目玉でした(`Д´)ノ

 

 

 

 

バイクに乗るのなら、

必ず無事に帰ってこないと

いけないのだと痛感した次第

 

 

 

幸いこの後事故は経験していないですが・・・(立ちごけ除く)

 

 

今でも、事故のことは有りありと思い出されます。

 

 

 

幸い傷の回復は早く、3日で歩けるように(捻挫だからこの程度?)

 

 

 

しかし事故のことが思い出され

直ぐにバイクに乗れる精神状態にはならず・・・

 

 

 

1か月ほど自粛生活を送ることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

次回 思い出話⑭ 春を告げる、河津の桜に

                 つづく(σ°∀°)σ

 

 

 

 

 

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

また遊びに来てくださいね♪

f:id:TNSC65:20151206010214j:plain